『爆報!THEフライデー』三東ルシアが母の介護生活で見つけた家族の絆!

2016年1月15日放送の『爆報!THEフライデー』で紹介されたのが、人気グラビアアイドルSの壮絶な介護生活に完全密着という内容でした。

 

70年代に活躍した人気グラビアアイドルSとは、三東ルシア(さんとうるしあ)さんでした。

 

お母様(86歳)が認知症をわずらい、介護に追われる生活をしているとのこと。

 

物忘れ、深夜の徘徊や家族への暴言など、24時間体制で支えているようです。
 
 
スポンサードリンク




 

 

人気グラビアアイドルS(三東ルシア)さんのプロフィール

1973年頃から里美レイという名前で主にCMモデルとして活動。

1974年に芸名を現在の名前へ。

 

1989年に一度芸能界を引退、六本木でホステスになる。

1994年に大工の男性と結婚しますが、2000年に離婚。

 

1999年に男の子をご出産されているようです。
(現在2016年は高校1年生になっているようです。)

 

シングルマザーになり16年間パートで働いているとのこと。

 

2013年、2014年に同番組に出演した際に膠原病の闘病中であることを告白していました。

 

 

膠原病(こうげんびょう)とは?

全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。
女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明熱(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。
SLEやリウマチなど数種類の病気が含まれています。

詳しくはこちらのサイトをご参照ください。
 
 
スポンサードリンク




 

 

認知症母親の介護生活

お母様は10年前からアルツハイマー型認知症を患っているとのこと。

 

要介護4(2番目に重い症状)のため、現在は妹さんの自宅(一軒屋)でルシアさんと妹さんで介護をしているそうです。

 

妹さんの旦那さんは単身赴任中のため、ルシアさんと息子さん、妹さんと息子さん、お母様の5人で生活していました。

 

認知症のお母様はオンエアの間だけでも取材に訪れたスタッフに6回もお茶を入れていました。
(20分の間に6回)
また1日に何度も同じバックを探すので、シルアさんは毎回探すのに付き合っていました。

 

家族を疲弊させる多くの症状

運動能力が低下しているので、毎日1回の寝室から2階のリビングまで5分以上かけて手伝い、洗面所でも付き添う。

 

それは高血圧の持病があり、突然ふらつきで倒れてしまうため、24時間目が話せないためだそうです。

 

食事も1人では食べれないので毎日付き添います。

 

日中はデイサービスに通っているため、妹さんがその他の家事をこなし、
ルシアさんはシングルマザーで息子の生活費を稼ぐため、朝9時~夕方5時までの8時間働いているそうです。

 

帰宅後は妹さんとルシアさんで夕飯の支度をしてお母様に食べさせていたのですが、母は認知症を患っていることを分かっていません。

 

自分が介護されているとは認識していないため、ルシアさん達に対して
「自分で何でもできるお母ちゃまに感謝しないとけないよ!」と言っているのを見て泣きそうになりました。

 

一番の苦悩をするのが「夜の寝かしつけ」で、9時に寝かし付けた後も、何度も部屋を飛び出して徘徊し始めてしまいます。

 

原因は認知症患者は体内時計が狂い、眠りが浅いので目を覚ましてしまうため。

目を覚ましたときに周りに人がいないと、1人にされていると感じ不安になり家族を探して歩き出してしうそうです。

 

玄関には外に出ないようにポールを設置し、鍵つきドアで2階に上らないようにしていました。

また家のあちこちに張り紙をしているのは印象的でした。

 

何度も繰り返し寝かしつけるのは深夜12時を回るまで続くこともあるそうです。

 

いつまで続くか分からない介護生活。

ルシアさんの心と身体は大丈夫かな。。。と心配になったのですが、

 

 

そんな介護生活の中で新たに見つけた小さな希望の光とは?

①姉妹のつながり

介護を共にする妹と深くつながることができた。

 

②母の時折みせる笑顔。

無邪気に笑う姿は、優しかった頃の母を思い出させてくれるとのこと。
お母様もルシアさんが小学校6年の時に離婚し、4人の子どもをシングルマザーで育てたそうです。

 

③家族の絆。

息子さんは高校1年生で遊びたい盛りにも関わらず、アルバイトで家計を支え介護も積極的に手伝ってくれるそうです。

 

寝かし付けた後も1階のブザーで何度も呼び出されるので、ルシアさんの息子さんが30分かけて説得していました。

 

息子さんは「感情的になってしまうことがある。自分が悪い。」とコメントしていましたが、見ている側からしたら物腰も柔らかく根気強く説得しているように見えました。

 

本当に優しい子だな、と思いました。

 

④新薬の開発

65歳に4人に1人が認知症またはその予備軍と言われる現在。

症状を抑える新薬の開発が進んでいるそうです。

 

⑤海外の研究

簡単な運動や食生活を改善すると症状が改善するという研究が進んでいるとのことでした。

 

ルシアさんは「ありがとう」と言ってくれるまで頑張りたい!とコメントしていました。

 

今回の放送では、もし身近な家族が認知症を患った場合どうするか。いろいろ考えさせられる内容でした。
 
 
スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ